My AUDIO
(最新の愛器はココ↑をクリック)

♪2003年はオーディオ趣味復活の年になってしまいました。きっかけは大須はノムラ無線で見つけた安物5.1chセットです。TEACのスピーカーとSONYのDVD一体アンプの組み合わせでしたが、その衝撃たるや私の音楽観を変えるに十分なもので、サウンド効果の強いDVDを選んでレンタルしまくりました。

♪そのうち画面を大きく綺麗なものに変えたくなって、東芝のブラウン管式(なんて書かないといけない時代です)32型ハイビジョンTVを購入、CATV契約を済ませて初めて見たハイビジョン画像の鮮烈さといったら!!その週末はずーーっとNHKhi−viチャネルを飽きずに眺めてました(笑)

♪1ヵ月後、どうも音がイマイチであると感じ始めましたので、早速、件のノムラ無線へ。そこで鳴ってた音はひと言で言うとレベルが違いましたが、いずれも高価な商品群です。悩むこと1時間、ペア5万円のスピーカーKEF Q1を買いました。もちろん、大満足(^^♪

♪さらに1ヵ月後、「マイノリティ・レポート」を見ていて衝撃銃の音が貧弱であることに気がつき、センタースピーカーをKEF Q9cに、サブウーファーをaudio pro B1.35 MK2に交換。さらにスピーカーケーブルをオーディオテクニカの200円/mに交換しました。この辺りからオーディオ道にハマり始めていますね。

♪その後、AVアンプとDVDプレーヤーを交換しましたが、このときの満足度は小さなものでした。今思うと、価格の差が小さかったからだと思います。オーディオって、音のレベルを上げたい時は、3倍以上の価格のものを狙わないと駄目なんじゃないでしょうか。まぁ、国産品と輸入品という違いとか、製造国が中国かどうかなどもあるので、一概には言えない部分もあるにはあるのですが・・・。


♪この頃から地元の四日市ムセンへ出入りするようになります。まずは入り口が大事ということから、DVDプレーヤーをパイオニアDV−S858Aiに変更。次いで(これはノムラ無線で仕入れたものですが)マランツのSACDプレーヤーSA8260を導入しました。これで音も画像もぐーんとレベルが上がり、大満足の時期でした(#^.^#)

♪夏の盛りから秋口にかけてはアンプに凝った時期でした。四日市ムセンでAVアンプとピュアオーディオアンプの聴き比べをし、最高級のAVアンプが十数万円のピュアオーディオアンプに全敗するを知りました。また、マニアになればなるほど、マルチチャンネルAVと2chステレオはまったく別のセットにしているということも分かってきました。2chステレオはビジュアルが無いので音に集中できることから、いい加減なものでは満足できないのです。逆にビジュアルが伴うAVは音よりも映像のほうに力が入る人が多いということも知りました。
 という訳で、AVアンプはヤマハの中級機にとどめ、ピュアオーディオはLUXMANの507fを導入。所有欲も含め大きな満足感を得ました(^_^)v

♪いいアンプを仕入れて2chステレオ専用セットにしてみると、KEF Q1ではさすがに寂しく、スピーカー探しが始まりました。四日市ムセンで勧められたDynaudio82やJMlab Cobalt、ヤマギワ本店で50万以下なら絶対これだといわれたSonus Faber Grand Piano Home、KEFならReferenceの小さいの等々たくさんの人の話を聞き、自分で音も聴きました。
 その結果選んだのが、Sonus Faber Grand Piano Home。エージングに200時間はかかりますよ、といわれた中型トールボーイです。

♪11月に入り、音の入り口が気になってきました。このアンプにこのスピーカーならCDプレーヤーももう少し良いものに代えないとバランスが・・・。でももう金がないからなぁ、と中古ショップをのぞきに行ったところ、大須のBerry’s NapixでTEACのVRDS−25XSが格安で売ってるじゃないですか!長岡先生ご愛用のハイCP機ですからゲットしない手はありません。バランス接続できるのも大きな魅力でした。

♪12月になってからはケーブルが気になっています。というのもSonusFaberがスピーカー購入記念にXLOの電源ケーブルをプレゼントしてくれることになったこと、アクロテックが社名をアクロリンクに変更するとともに十数年ぶりにスピーカーケーブルをマーク2化すること、オーディオ・イン・サクラでCDとアンプをつなぐケーブルにもっとお金をかける必要があることを教わったこと等々がその原因です。

♪押し詰まった27日、大須でSAECの話題の新型ケーブルSL3030を買いました。帰宅後セットしてみて音の上質感にビックリ!これならもっと高いケーブルでもと思わせるに十分な出来でした。年明け後のKIMBERケーブルの試聴が楽しみです。

♪年が明けて2004年、益々オーディオにのめりこんで行きます。やや泥沼化(笑)

 まずはノムラ無線でSACDプレーヤーも買い替え。DENONのDCD−SA10です。同社入魂の品で、しばらくはこれでOKでしょう。次に、西春のOTAIオーディオに出入りするようになってオーディオクエストのケーブルにハマります。電源ケーブルとSPケーブルは全部同社の製品になりました。

♪4月からは東京出張時に秋葉原のダイナミックオーディオに立ち寄るようになりました。本店5555の5階はちょうどいい中級シリーズのお店。店長は同い年(5月生まれ)の五十嵐さんです。ここで勧められたアンプがOTAIでも勧められてたJOBとGOLDMUND。5月から7月にかけて買っちゃいました。

♪7月後半にプリ⇔パワーのインターコネクト用にWIREWORLDのECLIPSE5を5555で購入。これで濃厚さが出まくりです。大満足。

♪ノムラ無線でKRIPTONのAP−5を購入。音の品が変わっちゃいました。もう1枚買おうかなぁ・・・。(3週間後もう1枚入手)

♪8月後半、ダイナの五十嵐さん熱烈お薦めのCDプレーヤー、MarkLevinsonNo390SLを中古で買いました。その激烈な音のハイエンド化に驚嘆!これで「音楽」に集中できます。

♪NO390SL用にCARDAS GoldenReference電源コードを奢りました。これがまたスゴイ!分解能と雰囲気造りが最高です。電源ケーブルにハマりそう・・・。

♪どうも低音不足なのです。そこで五十嵐さんに相談してアコースティックリバイブの新型調音パネルRWL−2を導入。置き方をいろいろ変えてみて低域不足は解消です。

♪PADのシステム・エンハンサーを導入しました。高域のピーク感がどうしても取れないのはエージング未完だからではないか、という疑義があるからです。まずは6時間のプレーです。

♪初めて電源フィルターなるものを仕入れました。CSEのT−200というOTAIオーディオ特製です。さっそくCDPとプリを接続してみると・・・おおっ、SNがぐんと良くなってるぞ!バイオリンの高域のピークが消えてるぞ!これはエージングが進むとどうなるのでしょう。外せなくなること間違いなしです。

♪遂にスピーカーを替えました。B&Wのノーチラス803です。モデルチェンジ間近なので特価で入手。エージング完了後が楽しみです。

♪2005年元旦。新年明けましておめでとうございます。
 新春早々ですがアシスタンスデザインの電源トランスAIT−160TWを五十嵐さんから借り出しました。彼の今一番お薦めの品物です。聴いてみてさすがはアッシだけのことはあります。相当な改善になります。特に楽器間のバランスが良くなるのがスゴイ!ハイエンドの感じがしますね。
 第2週になってN803の足元を取り替えました。J1のSP35HB ハイブリッドコーンスパイクです。低域の量が増えて音階が追いやすくなりました。
 2月に入ってスパイクベースをJ1のペアに替えました。抜群のヌケです。

♪またまた自作魂が疼いてきちゃいまして、半端物になっていたKIMBERの10ゲージの電源ケーブルにオヤイデの新製品P−079+C−079をくっつけてパワーアンプに使いました。お蔭様で音が前に出るようになりSNも上がったようです(^_^)

♪3月から地元のTHオーディオに出入りするようになってKIMBERの凄さと癖を堪能しました。でも申し訳ないのですが欲しくなりません。音場と低音が人工的なのです。初めて聴くと感動すら覚えますが、長く聴いていると煩くなって来るのです。まぁ、他の機器の問題なのかもしれませんが、今のセットにはちょっと導入できませんでした。そうしたら、たまたま訪れたオーディオユニオンで中古のCARDAS Golden Refferenceのスピーカーケーブルを見かけ、速攻でゲットしました。バイワイヤですしネットでの表記より4万円も安くなってたのです。まだ買ってきてすぐなので本当のところは分かりませんが、どうやら「本物」を感じさせます。要になりそうです。JOBとの接続にはGoldmundのY−Bananaを奢りました。

♪4月上旬、花粉症に苦しみながらも天白区のSound Booth JULIAを初訪問。そこで名もない「パワーアンプ用電源コンディショニングアダプター」を55千円で購入しました。なんでも縒り線を伝ってくる電流の位相を金コートの銀単線で揃えてあげるのだそうです。訳分からんのですが効果は抜群で、大音量時のやかましさがほぼ完全に消えました。音が悪いと思ってたCDも気持ちよく聴けます。立ち上がりも良くなってるようでエッジも少しだけですが立ってます。安い買い物でした。

♪4月下旬にCARDAS Golden Refferenceのインタコと、オーディオインテル製MUSEインタコを購入しました。これで音楽をいつまでも聴いてられるシステムになりました。良い感じです。

♪5月後半、取締役に内定され、関係ないけどCDP用アンダーボードを購入しました。リアル感が増しましたね。

♪6月中旬、秋葉原TCの田中さんのご推薦電源ケーブルに驚愕!システム全体のレベルが2段階くらい上がってしまいました。エソテリック、恐るべしです。

♪明日が役員就任株主総会という6月28日、渇望したマークレビンソンのプリアンプ、No380SLがやってきました。音出しは未だだけどいい音が出るに決まっています。なんてたってSRP2.3の3倍近い値段なんですから(^^♪足元のかえでブロックで浮かせて電源ケーブルを下から挿しています。

♪遂に200V環境を手に入れました。日興シティの佐野さんに触発された部分と、プロケーブル社の井上さんに感化された結果です。電気工事は常盤町の川口電気工事さんにお願いしました。単に近かったから電話しただけなんですが、これ大当たりで凄いプロ根性なのです。壁を這わすしか仕方が無いかなと思ってた電線は床下を通してくれましたし、アース棒も狭い床下で苦労して2本も打ち込んでくれたのです。ところが300オーム程度しか出なかったので後日屋外にさらに数本打ち込んでくれました。納得するまでやるタイプですね。絶対にお薦めできる人です。ダウン&アイソレーショントランスはスター電気製造社のプロ向けです。ともかくノイズがなくなりましたので高域が伸びたようで、少し硬めの音になっています。ケーブルを見直す必要がありますね、これは。プロ向けで統一してみます。

♪お盆休みにD45パワーアンプを蟹江町まで行ってゲットしました。ちょっと凄い音かもです。

♪いやぁ、JOB300が下取りに出せることになったときから考えてたSP交換がついに実現しました。試聴したのはAVALONアセンダント、LINNアキュレイト242、SONUSのクレモナ、アバンギャルドDUO、B&W803D、LAT1、パール等々。そして聴かずに決めたのは(^。^)ディナウディオのC−2です。そう、顔で決めました。所有欲が満たされるってことですかね。大事にします。10年使います。ハイ

♪9月中旬、大須のハイファイ堂で管球式入門用のプリメインアンプを手に入れました。LUXMANです。2年前に507fを持ってましたから、なんか運命を感じます。このアンプ、1974年の発売ですから入行した頃に世の中にあったのですね。当時の定価は168千円。パワーアンプとして使う予定ですが、プリ部も試してみま〜す。

♪クリスマスイブにアンプを入れ替えました。JEFF ROWLANDのシナジー(プリ)とModel2(パワー)です。いずれも97年頃のモデルですから音が太い!今までのゴールドムンドやレビンソンには無かった音です。楽しみです。

♪3日後に山形のオーディオラボで2iにバージョンアップしたSYNERGYを発見!矢も立てもたまらず入れ替えました。到着は明後日の予定です。

♪2006年になりました。新年早々ハイファイ堂へ。2階で浅井副店長と話してるうちに「少し丸くなるかもしれませんがきつさが取れる究極兵器がありますよ。」と話があり、インフラノイズのAR2000を66%引きで購入。ノムラ無線で買った2,700円/mのカルダス・クロスリンクのSPケーブルとあわせ、大満足が得られるかな?

♪平成18年1月9日(祝日)、今日はエポックメイキングな日になるかも知れません。発端はインフラノイズです。一昨日買ってきたAR2000でも音の角は取れないのです。となるともう原因は「部屋」しかありません。午前中留守番を仰せつかりステサンを読みながらきつい音と格闘していたところ1枚の写真が目に入りました。アコリバの宣伝のページなのですが、我が家にもあるアコースティックパネルが、左右のSPを結ぶラインよりも1mくらい奥に置かれた50cmくらいの高さの台に載せられいる写真なのです。ピカっと頭の中で閃光が走りました。キャプションには「SPの後ろの窓が悪さをして・・・」とあります。我が家も同じような位置に写真よりは小さめですが出窓があるのです。さっそくパネルを窓を半分ふさぐ位置に置いてみました。「おおっ!消えたぁぁぁ!」3年間原因を探り続けてきたバイオリンの高音のきつさがかなり減少しているではありませんか!!出窓は横にすると2m四方の底がガラスの浅い箱ですから、共鳴(共振)するなと言う方に無理があります。低音の共鳴なら分かりやすいのですが、高域の共振を無くすのにこんなに時間がかかるとは・・・。オーディオ道の奥は深いです。ゼロにするにはどうすればいいかを考えます。

♪AR2000は買って3日で壊れちゃいました。ハイファイ堂へ返品です。そのお金に少し足して。XLRインタコと電源ケーブルを買いました。オーディオテクニカの電源ケーブル、侮り難しです。SNがかなり良くなりその分棘が消えました。「9日の改革」でも残っていた高域のキラメキ(棘?)がほぼ無くなりました。ヒラリーハーンのバッハが楽しめそうです。

♪今週は五十嵐さんにお願いしてAyreの2chユニバーサル・プレーヤー(100万円)を自宅試聴させてもらいました。良いプレーヤーだと思いますが、NO390SLのような解像度と定位がなかったので返しました。代わりにノムラ無線の山内さんお奨めの電源ケーブルキャメロットのPM780を購入。CDPに繋いで慣らし中です。やっぱりBELDENでは細いように感じましてね。ケーブルはオーディオものじゃないと駄目みたいですね。ということで少し仕入れることにします。

♪今日は休暇をいただきました。ちょっと熱っぽい体に鞭打ってニトリへ行きCDラックを探すこと5分、おおっ!希望通りの品がそれも格安で売っているではありませんか!速攻でゲットしました。お値段5,877円で最大256枚収納です。んっ?あんまし余裕ないんじゃないか?帰宅後セットしてCDを入れてみると確かに8割がた埋まってしまいました。でもとりあえず綺麗になったし、探しやすくもなったので満足です。

♪2月中旬、OTAIでCARDASのGoldenCrossのXLRの中古品を発見!速攻で購入しました。最初プリ⇔パワー間に入れてみたのですが、音が優しくなるだけでイマイチ。で、CDP⇔プリ間に移し替えてみたところ、驚きました、これが有名なGoldenCrossの実力なんですねぇ。低域が締まり生々しさも相当アップです。こうなるとプリ⇔パワー間もこのケーブルにしたくなりますね。CARDASを使い始めるといつの間にかオールカルダスになってしまうという話しをよく聴きますが、さもありなんですね。

♪3月下旬、パワーアンプがJeff Rowlandのモデル112に代わりました。ダイナが最終ロット50台を纏め買いして6割引に近い値段で売ってくれたのです。これで出力が倍になりましたし、ICEパワーになる前のJeffの音が確保できました。

♪エイプリルフールにCARDASの値上げのニュースを読み、真偽を五十嵐さんに尋ねると真実との話。JeffはケーブルにCARDASを推奨してるので、この際と思い、バランス・インタコを発注しました。GoldenReferenceです。

♪ダイナ5555・7階の川又店長の企画でCARDASのSPケーブルを借り出したのですが、期待はずれだったので代わりにヨルマデザインを借りました。そしたらこれが!No1です。これはいくしかない、高価ですけど。SPケーブルだけでこんなにも変わるものか!凄いものを紹介してもらっちゃいました。10年物でしょう。ついでに我がWEBもHAL’Sサークルで紹介してもらいました。

♪総会を間近に控えた6月中旬、ハイファイ堂へふらっと入って行ったらギドン・クレーメルのバイオリンソロがいい音で鳴っているじゃありませんか!CDPのせいか?プリか?いや、これはパワーか?いろいろ機種を換えてもらって聴き続けること20分、これはパワーアンプでした。Krellの中級アンプ、KAV−500。安い・・・けどいい音だなぁ。早速店長氏と相談してる自分がいました。
 ところが配達直後にセッティングしたところ、左chからノイズがするではありませんかまたHPを確認したところ定価表示が30万円も高かったのです。これは詐欺ジャン!というので早速店長氏に電話して解約してもらいました。
 でも中域重視の音って馬鹿にできないですなぁ。ちょっと惚れかけました。そこで翌日再度ハイファイ堂へ出向き、PASSのALEPH2を発注。純A級アンプは初めてなので楽しみです。

♪岐阜のサウンドハンターのボードと、クリプトンの純マグネシューム製スパイク受けで音がが変わってしまいました。リアルなのです。それにいろんな機器やケーブルによる変化がすごくハッキリわかるようになりました。
 さて、転勤記念にとかねてから狙っていたSACDプレーヤーが、ヒョイと目の前に現れました。SONYのSCD−1です。ダブルプレーヤー体制でいろいろ試してみます。

♪53歳の誕生日にSCDをCDトランポ、390SLをDACにして使用開始です。デジタルケーブルの良いのが欲しいよう・・。

♪転勤2ヶ月目に突入しました。その記念にハイファイ堂越濱店長の勧めで、ESOTERIC DD10をゲット。良い音でなってくれるといいのですが・・。

♪DD−10は駄目です。音場が平面化します。ジッター除去がうたい文句の商品はやはり時代遅れということでしょう。SCD−1もお返しです。確かにSACDは高域の情報量は多いと思います。ノラ・ジョーンズのかすれ声がよりセクシーにはなりますが、でも「その程度」なんです。その程度のためにもう一台のプレーヤーを鎮座させるのはどうもねぇ・・。
 パワーアンプのせいかもしれません。アレフ2は木目細やかな音は出してくれますが低域の押し出しはイマイチですから。ということでマッキントッシュの名品MC500を導入です。ハイファイ堂越濱店長氏のお薦めです。まぁ500Wですから駆動力は文句なしでしょう。こういうアンプも使ってみたかったので、楽しみです。

♪MC500がお気に入りなので、常道ですがプリもマッキンにしてみることにしました。ハイファイ堂で見つけたC42です。今日届きます。SYNERGYの方が良かったなぁと思わないようにしないとね。

♪C42はプリとしては色付けが多すぎるモデルでした。あの音が好きという方には堪らないモデルでしょうけど・・・。ということで予算の関係から持ち出しのないマークレビンソンNO38Lをハイファイ堂で仕入れました。

♪低域欲しさに(笑)サウンドハンターでラックを仕入れました。クライオのブレーカーとヒューズも買っちゃいました。さぁ、どうなるか。

♪かえでラックとクライオ・ブレーカー&フューズの効果はすごいものです。低域も出るようになって来ましたし、うるささもほぼ消え去りました。サウンドハンターに感謝です。
 となるとかねて懸案のプレーヤーを新しい設計のものに交換してみたくなります。そんな折(10月20日)、ダイナの五十嵐さんが、5555の5階から隣のサウンドハウス7階へ転勤(?)されたお祝いを持ってお邪魔しました。そこで鳴っていたのが最強のESOTERIC X−01Limited。驚きました、こんなに深い音が出るものなのかと。「今日は締め日ですから大勉強しますよ」という悪魔の声(失礼)に抗し切れませんでした。
明後日、福岡から帰宅したら届いているはず。楽しみです。

♪プリがどうしても気持ち悪くて。
 折りしも本郷のサウンドピットへ立ち寄ったらマッキンの真空管アンプC2200が中古で売られてるじゃないですか。実は今朝ネットでその低音の良さを評価した記事を読んだばかりと言う偶然。これは縁でしょう。
 という訳でいつもの気絶がやってまいりました【笑】

♪師走に入り、ついにパワーも真空管です。サウンドピットの親父がMC2102ではなくMC275を薦めてきたのでレプリカで手を打ちました。オリジナルだといかにも古いし、バランスが使えませんから。ウィーンが再現できると良いのですが・・。

♪MC275は駄目でした。駆動力が不足するせいか低音が出ないのです。高音は綺麗なので惜しいのですが、MC500に戻してもらいます。
 また同時に、SPを1年半ぶりに入れ替えます。B&W802Dです。以前使っていた803の新版上級機です。これで低音が不足したらあとは部屋だと言うサウンドピットの親父の言に賭けてみます。

大成功でした、親父の言に耳を傾けて!ついでにSPケーブルも訳の分からん箱が付いてないWIREWORLDの安い奴に交換してみて、これも成功。坂口さんは只者ではないみたいですぞ。2006年中に解決してよかった。

♪薦められるままにサウンド・ピット・オリジナルのアクリル製オーディオボードをお試し。これがいいのです。諏訪内のポエムが初めて通して聴く気になりました。これはすごいことですもの。チョッとお高いけど買うしかないってところです。

♪新年明けましておめでとうございます。早速ですが唸りのないパワーアンプに交換することにしました。ロクサンです。所謂音楽的なアンプという触れ込みでしたが、十分オーディオ的だと思います。

♪3月に入って暖かい日が続いたこともあって(関係ないかもしれませんが)、パワーアンプをレビンソンに替えてみました。これが大成功!小さめの音の時の音数の違いに圧倒されます。さすがはレビンソンです。

♪えらい物を聴いてしまいました。JeffRowlandの最高級プリ・コヒレンス2です。こんなプリの音を聴いたら100万円くらいのプリは相手になりませんから。どうしようかなぁ、パワーにもそれなりのものが要るだろうしなぁ。

♪19年度上期が始まりました。
 コヒレンス2に似合うパワーを探していましたら、ハイファイ堂の越濱店長がえらい勢いで進めるアンプがあったのです。それがCELLOのデュエット350マーク3。勢いが移って私も勢いで買ってしまいました(笑) でもこれ大正解かも!
 翌週末にOTAIに出ていたVOLCANOもゲットしちゃいました。1年間愛用したヨルマとお別れです。

♪5月にかけてOTAIでフィルター付電源ボックスを中古で購入。激変に驚きました。また、6月には電源ケーブルを2点、私にしては珍しくいずれも新品を買ってしまいました。購入店はダイナ五十嵐さん。併せワザですが、やはりある程度お金を使わないと良い音は聴けないのかなぁ、というのが正直な感想です。

♪Transparent PIXLは効き過ぎです。大人しくなってしまいます。と悩んでおりましたら、オタイからオリジナル電源トランスが発売されました。試聴して気に入りましたので、PIXLを下取りにゲットしました。

♪54歳の誕生日にカルダスのウッドブロックを買っちゃいました。まだ来てませんが効果は半信半疑だなぁ・・・。
  ↑
 これ、凄く良いです。川又さんと大場商事に感謝です。
 また、フラっと入ったノムラ無線でバッテリー・プリでも電源ケーブルは重要と言われ、素直なPSAudio XPD/1.8MK2を導入。こいつも良い感じです。

♪SPボードを替えました。前田製管のコンクリートセラミックス製で、厚さ25mm19kgの代物です。サイズは802Dにピッタリ。効果極大です。

♪偶然ネットで見つけたサンシャインの薄型ボード(というより下敷き(^^ゞ4枚ゲット。また、上京の折に立ち寄ったSISで今のアンプで良いじゃない?と言われて目からウロコ。次に立ち寄った五十嵐さんのところで薦められるままにクロックジェネレーターとBNCデジタルケーブルを買ってしまいました。悪くなるわけがないので良い事なんですけど・・・(笑)

♪10月14日、ついに、ついにパワーアンプとプリアンプがJeff Rowlandで揃います。しかも当時の最高峰の組み合わせ。コヒレンスを買っておいて良かったです。20A特注電源ケーブルは11月末日に米国から届きました

♪年末も押し詰まり同期の海野常務が急逝しました。ちょっとつらいです。その前日に届いたJeffRowlandのJS32は抜群の効果を発揮しています。

♪2008年も2月下旬になってきまして、もうすぐいやな花粉の時季になります。この時期はダイナの決算セール開始ですので、今回はPLMMを下取りに出してESOTERIC A2500をゲットすることにしました。

♪数日前に川又さんの所にあのVALHALLA SPケーブルの中古が半額で登場。五十嵐さんにおそるおそる買えますかって聴いたところ、快諾&強力推薦!しかも思っていたより7万円もオマケしてくれたので即決。明日来ます。究極なので楽しみ楽しみ。

♪株主総会を来週に控えた木曜日、狙っていたVALHALLAのインターコネクト1mが届きました。早速聴きましたがその凄さに脱帽です。銀線も入っているようですが材質では説明できないレベルです。

♪55歳になりました。誕生日の前夜、五十嵐さんのHPに中古の電源ケーブル7N−PC9100が登場。7100下取りでゲットしました。いよいよハイエンドです。

♪上期末間近、ハイファイ堂のHPにハイエンドCDPのLINDEMANN820が登場。商談中だったが縁があったようで次々にキャンセルが入りゲットすることに。リーマンブラザーズと綴りが似てるところを除けばいい会社名です!(^^)!

♪2009年になり電源トランスの配置を変えた為、電源タップとそのための電源ケーブルを仕入れました。クライオ・オーディオ・テクノロジーの電源タップはメッキもなくて信頼できそう。また、ワイヤーワールドの新しい電源ケーブルは五十嵐さんところで使ってたやつをゲットしてきました。これがなかなか・・・。

♪2月になってOTAIでアキュのセパレートSACDプレーヤーをゲット。今までのものとは次元が違いました。

♪平成21年5月14日、副頭取への昇任が公表されました。器がついていくかなぁ、ちょっと心配です。さて、そのご褒美にNORDOST Valhalla インターコネクト1.5mを五十嵐さんに発注しました。月内にはアメリカから到着予定です。これで、アクセサリーは完成です。一生使います。

♪アクセサリーが完成して間もない5月末日、OTAIからのDMにあのSYSYTEM8が載っているではありませんか。憧れのスピーカーNo1ですからじっとして居るわけには参りません。802Dとの比較試聴でその差は歴然でしたので、気絶してしまいました。即日納品。これで、システムが完成です。

♪株主総会も終わって正式に代表取締役副頭取になりました。だからと言う訳ではないのですが(笑)DP-800の下敷きにBlack Diamond Racing THE SOURCEを導入。音数の増加に驚きましたので、DC-801にも敷いてやりました。さらにその後8月に入って、RYOGAZENがエルパソに戻ってから、System8のスパイク受けにも同社のThe Pits MK4を導入しました。

♪電源プラグの無メッキ化に挑戦しました。これ、物凄い改善をもたらしてくれました。メッキの振動が悪さをしているという説に「まさかねぇ」と思っていたのですが、反省しきりです。NORDOSTの無メッキプラグの電源ケーブルに統一です。

このページの先頭に戻る

09/11/1update